チャレンジ リフォーム ファクトリー おしゃれなリフォーム 予算 不安解消

リフォーム施工事例

Case1 お家がCAFEになりました!

コンセプトは「キッチン動線や機能重視の住みやすいLDK」。
キッチンと居間が離れていることに不満を感じており、caféのような空間で暮らすことを希望されていたリフォームのご家族様。カウンターにはパッチワークのように組んで雰囲気を出してみました。
I N D E X
施工
エリア
高岡市 改装面積 10坪
築年数 37年 家族構成 大人4名
工期 30日 費用 270万円
【住設備】 キッチン(クリナップ ラクエラ 2550 l型)、 IHヒーター(日立)、食洗機(三菱)、ハンドル型浄水器、サイドフードエコタイプ(富士工業)、キッチンキャビネット(シャルドネ)、ドアフォン(パナソニック 子機付き)、 照明(コイズミ カフェテリアシリーズ)、床(WOODONE ライトクリア)、 内装ドア(WOODONE ライトブラウン)収納扉 (WOODONE 3尺間口クロゼット扉 パールホワイト)、内部収納 (e・ra・bo)、 玄関収納 (WOODONE 6尺間口 ミラー付き ウオールナット柄)、クロス(LDK: 塗り壁風オフホワイト 調湿タイプ、玄関・廊下:撥水コート付き消臭タイプ)
ご主人様からのご希望をお聞きして、一緒に家具や窓廻りを色々検討してみました。シャルドネの吊り戸棚やチェッカーガラスが入っている食器を入れたいとか、老眼が辛いのであえて白昼色のダウンライトを採用するなどしました。
以前は障子戸が入っていた北側の窓には、内窓と調光ロールスクリーンを入れてみました。「リビングにL型の黒革カウチソファーをおきたい」とのことで、背もたれの高いものを選んできました。 パナソニックのドアフォンも新調、対面キッチンをご希望されていたので、食洗器の採用もお勧めしました。「家事が楽々になってうれしい!」と感想をいただきました。
→ 施工事例を見る

Case2 昔ながらの座敷が快適空間に大変身♪

使っていない昔ながらの座敷を家族が快適に過ごせる空間に大変身!リノベーションコンセプトは、家族の使いやすいを叶えました♪
I N D E X
施工
エリア
高岡市 改装面積 20坪
築年数 43年 家族構成 大人5名
工期 70日 費用 495万円
【住設備】 キッチン・カップボード・IH(パナソニック)トイレ洗面台・TV台・TEL台等(造作家具)
昔はお葬式を自宅でするための間取りでした。時代が変わり、お家でお葬式をしなくなって使わなくなった南側の空間を、今いる家族のためにリノベーションしました。既存の北側の水まわりはそのままで、住みながら使用されていない南側を工事。30年以上生活をしているうちに使い勝手に不便を感じている箇所をピックアップしてキッチン・お風呂・洗面・トイレ・リビングダイニング・洗濯干場を集約した空間作りにしました。
→ 施工事例を見る

Case3 外壁工事、思い切って屋根も改修しました!

新しい外壁と屋根にすることで、雨漏りだけでなく外観と耐久性もよくなりました。
I N D E X
施工
エリア
高岡市 改装面積 28坪
築年数 17年 家族構成 大人5名
工期 15日 費用 420万円
【住設備】 外壁(KMEW 金属サイディング ナローンスパン柄クリアゴールド)、屋根(IG スーパーガルテクト シェイドブラウン)、給湯器(ダイキン エコキュート460給湯専用タイプ ※井戸水検査済)、ドアフォン(パナソニック)、白アリ駆除
ある雨の日、窓の隙間から雨漏れが…お家の外壁はもう限界を迎えていました。外壁の改修は、今の外壁を外して新しいものを貼る「張り替え」と、今の外壁の上に新しいものを貼る「重ね張り」の工法があります。それぞれに良いところがあるので、先々のことと費用についてについてお話しました。「重ね張り」の場合、後々雨漏れが発生すると原因を発見することが困難になりやすいことから、同時に屋根の改修をおすすめしました。同時改修のほうがきれいに仕上がります。
→ 施工事例を見る

リフォームの流れ

計画・来店〜アフターフォロー

リフォームの費用について

解体家具
処分
1階か2階の工事かで、費用に違いがあります。
設計
管理費
設計通りに建築されているか管理します。
本体工事 解体。養生・配管・電気・外壁・屋根工事、クロスなど。
確認申請 増築の場合に必要となり、申請業務料が発生します。
家具家電
カーテン
照明器具やカーテンの新調を、設計士や建築会社と
相談しながら進めます。
追加分 解体後に発生することがございます。。

リフォームを行うにあたり本体工事以外にかかる費用があります。「この際だから家具や家電、カーテンなどを新調したい!」と思う気持ちも出てきて、費用の増加が多くみられます。そういった嬉しい費用の他にも、家財処分や既存のキッチン、お風呂などの解体処分費用もかかって来ることも忘れてはいけません。

設計・管理費も会社さんによって異なります。「これは設計図通り建築されるか?」をきちんと管理してもらう費用です。増築された場合は、確認申請費用もかかってきます。申請は、設計士さんや建築会社さんが代行して行ってくれる場合がほとんどです。きちんと項目に上がってきているか否かで「お願いした設計士さん・建築会社さんは安心できるかどうか」を見極めるモノサシになるわけです。

追加工事については、築年数や土地の場所によって違いますが、床下や壁、天井を解体した際に、土台の補修や床下地の張替え、天井下地を補修、瓦の交換など、何かと追加工事は出てきます。リフォームをする際は、以上のような費用がかかってくることを考慮して、取り組んでいかなければなりません。

チャレンジリフォームファクトリーのアフターフォローについて

引き渡し後12カ月は、年3回の無料定期点検を行っております。

1ヶ月点検 ‥‥ 使い始めてわからないことにお答えしたり、メーカーサポートについてご説明します。
3ヶ月点検 ‥‥ 不具合が無いか確認にお伺いします。
11ヶ月点検 ‥‥ 1年を迎える前に点検にお伺いします。

日本は季節によって温度湿度の変化があり、木造住宅は躯体(骨組み)の木自体が太ったり痩せたりして、いろいろな個所に不具合をもたらしてしまうものです。不具合は無料点検終了後13カ月目以降に発生しやすいので、気になる箇所は11カ月目の点検時に申告ください。

リフォーム時の設備機器の保証は、無料のもので1年保証、有料のもので3・5・10年保証などメーカーや機器のシリーズによっていろいろあります。ユーザー登録が必要な機器もありますので、引き渡し時に丁寧に説明いたします。

お電話予約はこちら! 0766-53-5122 来店or自宅相談 ご予約フォーム
施工事例をチェック!
お電話予約はこちら! 0766-53-5122 来店or自宅相談 ご予約フォーム
施工事例をチェック!